シフトガード修理【ガエルネ修理】

価格: ¥2,600 (税込 ¥2,808)
販売期間: 2017年03月23日00時00分~
2017年04月03日08時59分
数量:
在庫:

返品についての詳細はこちら

twitter
  • この商品を友達に教える
  • この商品について問い合わせる

ご注文前に必ずご覧ください

☆★☆お申込み前に必ずご確認下さい☆★☆
シフトガード修理はオリジナルと同形状のパーツで修理ができません。またブーツの構造上ミシンがつま先部分まで届かないため、あて革で修理致します。下記、修理方法、注意事項をご確認いただき内容をご了承いただける場合のみお申込み下さい。

■修理方法■
【ED-PRO・タフギア等の場合】
Vibram社のゴムシートをシフトガードの形状に合わせて型取りミシンで縫います。届く部分まではミシンで縫い、つま先部分は接着となります。画像つま先部分の縫い跡はダミーとなります。カラーはブラックのみとなります。

【ED-PRO CORSAの場合】
ED-PROよりもブーツの剛性が高く、つま先部分の縫える範囲が狭くなってしまいます。その為、接着面が多くシフトガードが剥がれてしまう可能性がございます。作業前にお問い合わせ下さい。

【FUGA・No145の場合】
素材は革を使用致します。
革はブーツと同じカラーの物を使用致しますが、ブーツの使用感と新しく取り付ける革と色合いが異なってしまいます。また、革をシフトガードの形に合わせてカットし取り付ける為、仕上がりには難が出てしまいます。ミシンで縫えるところまで縫い、つま先部分は接着となります。

■注意事項■
※SG-1、SX-EVOLUTIONなどブーツの生産から10年以上経過しているブーツは、原則修理をお断り差し上げております。理由はプラスチックの経年劣化により硬化し、一か所修理を行っても、今後のご使用で修理していない箇所が破損してしまう可能性が十分考えられます。特にスネ・カカト部分のプラスチック部分は修理を行う事が出来ません。修理可能部分全て修理を行うと新品ブーツ同額程、修理代金が掛ってしまう場合が有る為です。

※ED-PROに革を取り付ける事は可能ですが、耐久性、プロテクション性能はVibramゴムシートの方が優れております。
※防水透湿ブーツ・シューズの場合、防水フィルムを貫通して縫う為、防水性能がなくなります。
※記載していないブーツの場合、ブーツの写真をsupport@japex.net宛に送信願います。 ジャペックスサービスセンター担当者が確認し修理の可否をご連絡差し上げます。

■修理可能モデル
・ED-PROシリーズ
・ED-PRO CORSA(要お見積り)
・FUGA
・No.145
・タフギアシリーズ
※ブーツの生産から10年以内を目安にお申込み下さい。

「ガエルネブーツを永く大切に使って欲しい」
ジャペックスでは、この想いから日本国内に修理工場「ジャペックスサービスセンター」を設けています。修理設備はイタリアのファクトリーと同じ物を取り寄せ、ガエルネユーザーの皆様に永く大切に使っていただけるよう心を込めて、熟練の職人がクオリティの高い修理を行っております。また、修理をアフターサービスの一環としてとらえ、費用は極力抑えるようにしています。
摩耗や破損は小さなうちに直していただければブーツも長く使えますが、修理費用が気になって躊躇しているうちに破損が広がって修理不能になっては折角のブーツが可哀想です。是非ともお気軽にご利用下さい。お待ちしております。
※修理対象はジャペックスがお取り扱いしている日本向けガエルネ製品に限らせていただきます。
ゲータ部、ダストシールド部に日本サイズ表示(センチ表示)があるかをお確かめ下さい。なお並行輸入等の製品はお受け致しかねますので、ご了承下さい。

ページトップへ